なぜ、私が急にお金が必要になったかは、単純です

大学の博士課程で研究員をしていくにはお金が本当になかったからです。研究員の他に家庭教師のアルバイトをしました。しかし、その2本立ての収入でも生活するには、ギリギリでした。新しい専門書が出れば、購入するたびに4,000円以上のお金が一冊のお金に消えて生きます。最新の論文を欠かさず読もうと思ったら、何種類もの専門雑誌を講読しなければなりません。こうした研究が自分の家計を圧迫していったのです。その生活費を手に入れるために、財布の中が数十円になると、即日融資を利用しました。即日融資を利用したのは、ギリギリまで借金をしたくなかったからです。しかし、私は、この24時間対応でいつでもどこでも借り入れや返済ができるシステムに助けられました。研究員の生活は夜も昼もなく研究や論文の執筆に追われていました。その忙しさにかまけるあまり、自分の財布にいくら入っているかを把握することができないまま、日々を過ごし、気がつけば安いパンも買えなくなった金額しかないということも多々ありました。それを救ってくれたのが、即日融資のキャッシングシステムでした。


none